AA研トップ > 研究者養成 > 言語研修 > 2019年度言語研修
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

2019年度言語研修


2019年度は,ジンポー語,ゾンカ語(東京会場)の講座を開講しました。

ジンポー語

研修期間
2019年8月19日(月)~2019年9月6日(金)
午前10時00分 ~ 午後4時30分(土曜日,日曜日は休講)

研修時間
75時間

研修会場
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)

講師
倉部慶太(くらべ けいた)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教
2016年,京都大学にて博士号(文学)取得。
2018年4月,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所に着任。
2009年より,チベット・ビルマ系少数言語の調査をミャンマー北部におけるフィールドワークにより行っている。
ネイティブ講師:
Lu Aung(るおん)拓殖大学国際学部国際学科学生
2009年,ミャンマー連邦共和国カチン州ミッチーナー大学卒業。
2014年より来日。2016年より拓殖大学国際学部国際学科に在籍。
日本語,日本文化,日本経済,ミャンマー経済に興味を持っている。

受講料
45,000円(教材費込み)

教材
『ジンポー語文法入門』(倉部慶太)
『ジンポー語読本』(倉部慶太)
『ジンポー語用例辞典』(倉部慶太)

文化講演
  • 日時:2019年9月4日(水)15:30–16:30
  • 使用言語:日本語
  • 講演者:澤田英夫(AA研所員)
    題目「カチンのビルマ系言語ロンウォー語」
  • 日時:2019年9月6日(金)15:30–16:30
  • 使用言語:日本語
  • 講演者:小島敬裕(津田塾大学学芸学部准教授)
    題目「北東インドにおけるシンポー族とタイ系民族の仏教実践」

講師報告

1. 研修の概要 詳細

○研修期間:
2019年8月19日(月)~2019年9月6日(金)
午前10時00分 ~ 午後4時30分(土曜日,日曜日は休講 )
○研修時間:
75時間
○研修会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

本研修は2019年8月19日(月)から2019年9月6日(金)までの15日間、1日あたり5時間、合計75時間実施した。
会場は,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディア室(304)を利用した。

2. 講師 詳細

○主任講師:
倉部慶太(くらべ けいた)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教
○ネイティブ講師:
Lu Aung(るおん)拓殖大学国際学部国際学科学生
文化講演者:
澤田英夫(アジア・アフリカ言語文化研究所教授),小島敬裕(津田塾大学学芸学部准教授)

3. 教材 詳細

  1. 『ジンポー語文法入門』(倉部慶太)
  2. 『ジンポー語読本』(倉部慶太)
  3. 『ジンポー語用例辞典』(倉部慶太)

ジンポー語には適当な教材がないため、教材はすべて主任講師が一から作成した。①は音韻論、形態論、統語論および練習問題、②は会話、民話、ことわざ、練習問題からなる。③は頻度、コロケーション、実例に基づく用例辞典である。

4. 受講生詳細 詳細

受講生12名のうち、7名は大学生・大学院生(うち3名は本学の科目履修生)、3名は大学教員、2名は社会人であった。ミャンマーおよびシナ・チベット語族に対する興味から参加した受講生が多く、将来的にフィールド言語学を希望する受講生も多く参加した。学習に対する意欲は非常に高く、毎回20以上の質問があった。出席率も非常に高く、全員が成績優秀で修了した。

5. 文化講演 詳細

9月4日(水):「カチンのビルマ系言語ロンウォー語」
講演者:澤田英夫(AA研所員)
9月6日(金):「北東インドにおけるシンポー族とタイ系民族の仏教実践」
講演者:小島 敬裕(津田塾大学学芸学部准教授)

それぞれの講師による豊富なフィールドワーク経験に基づく貴重な話を聞くことができ、受講生からも積極的な質問があった。

6. 授業 詳細

ジンポー語の音声、文法、語彙を集中的に学習することでジンポー語の基礎的な運用能力を習得することを目的とした。そのために、前半は発音、文法、語彙を集中的に学習し、後半は読本を中心に進めた。文法・読本の解説はおもに倉部が担当し、文法・読本の発音、会話、練習問題解答、エリシテーションなどへの解答をルオン講師が担当した。最終的に文法20章(計248頁)のすべて、読本の会話20編・民話2編(計62頁)を終えることができた。

7. 研修の成果と課題 詳細

終了後には辞書を補助的に用いることによりジンポー語が理解できる、という当初の目標は充分に達成できたと考えられる。予備知識のない段階から開始して最後には例文、会話、民話を独力で読み進めるレベルに到達した。また、簡単な会話や質問などの作文もできるようになった。ジンポー語のような教材の少ない言語は受講生が今後も独習を続ける環境が整っているとはいえないが、フォローアップミーティングや講師との交流を通して、受講生がジンポー語の学習を続けていけるようサポートすることが今後の課題である。

8. おわりに 詳細

最後まで熱心に受講してくださった受講生のみなさんに深くお礼申し上げたい。また、豊富なフィールドワークの経験に基づく貴重なお話を聞かせてくださった講演者のおふたりに感謝する。ルオン講師には教材作成の段階から最後までたいへんお世話になった。心よりお礼申し上げたい。最後に、この研修の機会を与えてくださったAA研の皆様に深くお礼申し上げます。

ゾンカ語

研修期間
2019年8月19日(月)~2019年9月6日(金)
午前10時00分 ~ 午後4時30分(土曜日,日曜日は休講)

研修時間
75時間

研修会場
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)

講師
西田文信(にしだ ふみのぶ)東北大学高度教養教育・学生支援機構准教授
秋田大学国際交流センター准教授,岩手大学人文社会科学部准教授などを経て2017年4月より現職。
スイス・ベルン大学言語学研究所の客員研究員も務める.主にシナ=チベット語族の諸言語について研究。
ネイティブ講師:
NAMGAY THINLEY(なむげ てぃんれー)ブータン王国ゾンカ語開発委員会 Chief programme officer
Sherubtse College(B.A.in Economics)卒業後,La Trobe大学大学院にて学ぶ(M.A.in Linguistics取得)。
主にゾンカ語のIT化,辞典編纂,言語政策等について調査研究を行っている。

受講料
45,000円(教材費込み)

教材
『ゾンカ語文法』(西田文信、NAMGAY THINLEY 著)
『ゾンカ語表現集』(西田文信 著)
『ゾンカ語基礎語彙集』(西田文信 著)

文化講演
  • 日時:2019年8月23日(金)14:20–16:30
  • 使用言語:日本語
  • 講演者:松島 憲一(信州大学農学部准教授)
    題目「ブータン王国の食用野生植物利用」
  • 日時:2019年8月30日(金)14:20–16:30
  • 使用言語:日本語
  • 講演者:山名 訓(GHNトラベル&サービス代表取締役)
    題目「“チャム”から見るブータンの伝統芸能」

講師報告

1. 研修の概要 詳細

○研修期間:
2019年8月19日(月)~2019年9月6日(金)
午前10時00分 ~ 午後4時30分(土曜日,日曜日は休講 )
○研修時間:
75時間
○研修会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

本研修は2019年8月19日(月)から2019年9月6日(金)までの15日間、1日あたり5時間、合計75時間実施した。
会場は,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディアセミナー室(306)を利用した。

2. 講師 詳細

○主任講師:
西田文信(にしだ ふみのぶ)東北大学高度教養教育・学生支援機構准教授
○ネイティブ講師:
NAMGAY THINLEY(なむげ てぃんれー)ブータン王国ゾンカ語開発委員会 Chief programme officer
文化講演者:
松島 憲一(信州大学農学部准教授),山名 訓(GHNトラベル&サービス代表取締役)

3. 教材 詳細

  1. 『ゾンカ語文法』(西田文信、NAMGAY THINLEY 著)
  2. 『ゾンカ語表現集』(西田文信 著)
  3. 『ゾンカ語基礎語彙集』(西田文信 著)

①はゾンカ語の音韻・文法・文字の輪郭を把握できるよう編まれたものである。授業での利用を想定して準備された。
②はゾンカ語の意味別分類語彙と日常会話から構成されており、頻度の高い表現をまとめたものである。主にネイティブ講師が発音・会話練習で使用する目的で準備したが、日本人講師による文法の解説も交えて教授することを想定して作成した。
③はゾンカ語の基礎語彙集であるが、ゾンカ語の字母順に配列し、標準的な綴りと発音を提示するようにし、ゾンカ語話者の文化的基盤となる仏教関連用語を多く取り上げるようにした。
いずれも各形態素ごとに複数の母語話者による発音及びスペリングのチェックを行った上で記述した。

4. 受講生詳細 詳細

受講生は本学学部生2名、本学学部卒業生1名、他大学学部生1名、他大学学部卒業生1名、本学院生1名、他大学院生1名、大学教員1名、一般社会人2名の計10名であった(うち男性7名、女性3名)。言語学・人類学・文学の大学院生、大学院進学希望の学部卒業生・学部生、文学専攻の教員、多言語学習を実践されている社会人の方々という面々であった。シナ=チベット言語学の研究のため、ヒマラヤ地域のフィールドワークで用いたいため、ゾンカ語文学の可能性の探求のため、これまでに学習したことのない語族や類型をもつ言語を学ぶため等々各種各様の受講動機があった。受講動機が明確であるため学習態度は申し分なく、出席状況及び授業への参加度は頗るよく、お一方がよんどころのないで理由数日欠席された以外は、皆ほぼ皆勤賞であった。全ての受講生が修了したのは本当に喜ばしいことであった。

5. 文化講演 詳細

8月23日(金):「ブータン王国の食用野生植物利用」
講演者:松島 憲一(信州大学農学部准教授)
植物遺伝育種学及び民族植物学がご専門の松島先生からは「ブータンの食用野生植物利用」と題してお話しいただいた。ブータンは低緯度高標高地域であることから幅広い生物多様性や階層的な作付け分布が見られフィールドとしては格好の場であること、所謂照葉樹林文化について再検討が求められること、食用野生植物としてはブータンでは多くのシダ植物の若い葉や種子植物の葉、花、果実、根などが利用されること、自身の調査方法、調査結果を踏まえて最後に山菜と森林とGNHの関係について詳細に解説していただいた。平素この分野に触れることが少ない講師・受講生にとって、ブータンの生物多様性と伝統的な知恵について改めて再認識させられた。本学教員も3名参加した。

8月30日(金):「“チャム”から見るブータンの伝統芸能」
講演者:山名 訓(GHNトラベル&サービス代表取締役)
チベット文化圏全域への現地体験をおもちで各地の伝統芸能に精通しておられる山名氏からは「「チャム」から見るブータンの伝統芸能」と題してお話しいただいた。ブータンの概説的な導入の後、「チャム」は8世紀にグルリンポチェからブータンに伝えられたこと、中央ブータンのブムタンにあるクジェラカンに来た際に当時のブムタンの王様がグルリンポチェの化身が躍った踊りを受けついでいったこと、15世紀にペマ・リンパが新しい舞いを伝えたこと、17世紀にブータン統一の祖シャブドゥン・ンガワン・ナムギャルがドゥク派オリジナルの舞踊を導入し、同時にブータンの統治システムや独自の文化を導入し、「ブータン」という国の基が出来たこと、1907年に今のワンチュク王家がブータンにおける「チャム」はますます発展していくことになったことなど、歴史的な経緯とともに現在における継承の現状について、現地の映像を交えながら実証的にお話しくださった。 外部講師のお二方はともに講演経験が豊富で、2時間があっという間に過ぎ去り、質疑応答が活発になされ、受講生は皆大いなる刺激を受けゾンカ語学習への意欲はさらに高まっていったようであった。

6. 授業 詳細

1週目はゾンカ語の概論的な授業を行った。正確な発音の習得を心掛け、子音では有気音・無気音の対立、反舌音、母音ではウムラウト記号を付けた3つの音、また共鳴音における高低の対立に注意しながら授業を進めた。基本語順を提示した後、名詞や代名詞、後置詞を提示した。述語動詞の基本用法についても練習した。文字の導入も行った。
2週目はまだ苦手な発音を復習しつつ、長めの文を音読する練習を行った。述語動詞の様々な用法、現在形の言い方、形容詞の用法に触れ、数詞や時間表現をかなり詳しく練習した。
3週目は関係代名詞、テンスやアスペクト、命令形や条件法、敬語など更なる文法表現を学習した。文字に関しては、複合的なスペリングと発音との関係、楷書に当たるツイ体のみならず草書に当たるジョイ体も学習した。
授業では、主に午前中に音読して訳してもらうなどの練習問題も踏まえながら文法の説明を行い、午後は既習の文法項目を用いた会話表現やその発展の会話練習を実施した。
最終日は講師が準備したかなり長い文章の解読と各自のテーマでゾンカ語による作文練習を行った。受講生全員が熱心に取り組んだ結果の作文は力作揃いで、またかなり長いまとまった文章を読めるようになったことで、3週間の学習の総まとめとなった。

7. 研修の成果と課題 詳細

ゾンカ語は実際の発音とスペリングの乖離、述語動詞の複雑さ、ネイティブ言語としてのゾンカ語と国語としてのゾンカ語との言語的な差異等により言語教材の作成に困難を伴った。しかしながら、研修中に受講生との議論を重ねることによって明確となった文法現象も少なくない。受講生と一緒にゾンカ語について考える作業ができたのが本研修の一番の成果であったと先ず申し上げたい。
発音に関しては標準的なものを皆習得した。語彙に関しては単語カードを作成して毎日復習している方も複数いて、頭の下がる思いであった。文法に関しては基礎的なものから複雑なものもすべて提示したが、言語の仕組みを詳しく説明することで理解が得られたと考える。
3週間という期間で、しかもお一方を除いてチベット系言語の既修者がいなかったにも関わらずかくもスムーズに本研修を終えることができたのは、受講生が皆複数の言語の学習歴があり、言語を学習するということをよく理解されていたからであると思う。読み書き聴き話すという4技能すべてにわたり触れようと思い少々盛り込みすぎの感は否めないが、受講生の方々の高い言語能力に支えられて、正しい発音を習得する、基礎語彙を覚える、基本文法はすべて終える、ブータンに関する理解を深める、という当初の目標は達成できたと考える。
授業中はゾンカ語のみならず、ブータンな様々な側面、他のチベット文化圏との共通点や相違点、ゾンカ語の言語学的特徴、等々受講生の興味関心になるべく答えるように努力したつもりである。ナムゲ講師もその期待に応え、受講生の多種多様な質問には真摯に答え、ゾンカ語のみならず幅広くブータン文化に触れることができたのは大きな収穫であったといえよう。

8. おわりに 詳細

修了式でも申し上げましたが、受講生の方々には感謝しかございません。短い期間ではありますが、個性豊かな、類稀にみる才能をおもちの皆さんと時間と空間を共有することができましたことを心から嬉しく思います。新しい外国語を学ぶ歓び、志を同じくする方々と切磋琢磨する愉しみを改めて実感することができました。文化講演をお引き受けくださった松島先生と山名先生には、ご多忙中にも関わらず周到に準備された資料に基づき素晴らしいご講演をして頂きましたことに対して改めまして感謝申し上げます。ネイティブ講師のナムゲ先生には期間中はもちろんのこと、実施計画の段階から非常にお世話になりました。望みうる最高の講師であるナムゲ先生とご一緒に講師を務めることができまして、本当に良かったと思います。最後になりましたが、本研修実施に際してご尽力くださいました星所長・塩原研修委員長・呉人委員をはじめとする研修専門委員会の先生方、教材作成やナムゲ先生招聘に関してお世話になりました梅山様をはじめとする共同研究拠点係の皆様へ心からの謝意を表したく存じます。Namesame Kadrinche la!(どうもありがとうございました!)

2019年度 言語研修募集要項

この研修はアジア・アフリカ地域での現地調査・研究や専門的業務に役立つ現地語の習得を目指す短期集中型語学研修です。 日本の専門研究者と母語話者とが一緒に教授にあたる生きた言語教育である点が特徴です。
今年度は,ジンポー語とゾンカ語の言語研修を実施しますので,受講希望者は下記によりお申込みください。

印刷用ページはこちら

募集要項(共通事項)

1. 募集言語ジンポー語,ゾンカ語
2. 募集人員各言語 約10名
3. 募集期間2019年5月7日(火)~ 2019年5月24日(金)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日を除きます。
 郵送の場合は,5月24日(金)必着です。
 Eメールの場合は, 5月24日(金)日本時間午後5時必着です。

ジンポー語は,ゾンカ語はおかげさまを持ちまして定員に達しました。平成29年度夏期言語研修の募集は終了しました。
4. 応募資格大学在学生,大学卒業者または上記の目的に必要な学力及び動機をお持ちの方であれば,ご応募いただけます。
5. 応募方法所定の受講申込書に必要事項をご記入の上,在学証明書又は最終学校の卒業証明書(写)を添えて,お申し込み下さい。
※申し込み方法は,直接持ち込み,郵送,Eメールのいずれかとします。
※郵送の場合は,封筒の表に「言語研修○○語申し込み」と朱書き願います。
受講申込書:wordファイル
6. 選考方法当研究所で書類審査により選考します。
7. 選考結果受講の可否は,一次募集応募分については,6月末までに本人あてにEメールにて通知します。二次募集を行った場合は,7月下旬までに本人あてにEメールにて通知します。
8. 受講手続受講を許可された方は,所定の期日までに,研修言語ごとに定められた額の受講料を一括納付して下さい。受講料は,それぞれのページをご覧ください。
9. 修了証書研修言語ごとに定められている授業時間数の3分の2以上出席し,かつ所定の成績を収めた受講者に修了証書を交付します。
10. そ の 他文化講演として,担当講師以外の外部講師を招いた授業を取り入れています。文化講演は一般向けに公開することがあります。
11. 申込み先東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所2階206室
研究協力課共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL 042-330-5603, FAX 042-330-5610
Email ilcaa-ilc[at]tufs.ac.jp [at]を@に置き換えて下さい。


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.