AA研トップ > 研究者養成 > フィールド言語学ワークショップ > 言語フィールド調査ワークショップ@宮古島
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]



言語フィールド調査ワークショップ@宮古島

第6回「言語フィールド調査ワークショップ@宮古島」

  • 日時:2019年12月16日(月)~12月22日(日)9:00–18:00
  • 概要:
  • 本ワークショップは、消滅の危機に瀕する少数言語の包括的記録を目的とした言語ドキュメンテーション研究を活性化するために、危機言語の調査・記録研究に関心がありこれからコミュニティーと連携して研究テーマとして長期的に携わっていく意志のある大学生、大学院生を対象にフィールド調査の実地研修を行うものです。約1週間にわたるワークショップでは、沖縄県宮古島市の池間地域において、主として宮古・池間方言を対象として、話者コミュニティーの中で実際に聞き取り調査を行います。 具体的活動としては以下を行う予定です
  • ・話者やコミュニティーとの関係構築
  • ・言語使用実態・言語意識に関する情報の収集
  • ・多様な言語資料の収集と整理
  • ・伝統的生活の社会的・文化的情報の収集
  • ・コミュニティーのニーズ・課題の調査および課題解決法の考察
  • 講師:中山俊秀(AA研所員),大野剛(アルバータ大学)
  • 使用言語:日本語
  • 募集要項: (219KB)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 場所:沖縄県宮古島市池間地域

これまでに開催された言語フィールド調査ワークショップ



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.