AA研トップ > 組織概要 > 研究連携ネットワーク
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

研究連携ネットワーク

アジア・アフリカ言語文化研究所は,広くアジア・アフリカの言語学・歴史学・人類学・地域研究の研究を行う研究者・次世代研究者のネットワークの中核をになっています。

組織や国の枠を越えた共同研究を進めるとともに,より広い視野でネットワークを形成・維持するため,主に次のような活動に取り組んでいます。

共同利用・共同研究課題(共同研究プロジェクト)

所内外の研究代表者 のリーダーシップのもとに,各プロジェクトに属する共同研究員や客員研究員と共同して行う研究プロジェクトです。

海外学術調査総括班フィールドネット

「海外学術調査総括班」は,1964年以来,AA研に事務局をおき,科学研究費補助金(海外学術調査)にかかわる研究者間,および研究者側と文部科学省/日本学術振興会の間の情報交換、連絡調整などに当たっています。海外学術調査を行う研究者間の情報交換を目的としてAA研が取り組む研究連携事業の一つです。オンラインによる情報交換サイト(「フィールドネット」)も運営しています。

学術交流協定

海外の研究機関と協定を結び,研究資料・情報の交換,研究者の相互交流,共同研究・調査等の国際的学術交流を推進しています。

友の会

これまでにAA研に所属した研究者との関係を維持し,国際的なネットワークを形成することを目的として「友の会」を設置しています。

地域研究コンソーシアム(JCAS)

「地域研究コンソーシアム」とは,地域研究に関わる全国の研究組織のネットワーク形成を目指している、アカデミック・コミュニティに立脚する新しい型の組織連携です。AA研は,本コンソーシアムの幹事組織として積極的にその運営に参画しています。
アジア・アフリカの言語文化に携わる研究者がこのネットワークに参加し活用することで個人の研究が進展することと,連携した研究が生まれてくることに貢献しています。さらに,世界からさまざまな方がこのネットワークに参加してくださることを目標にしています。

アジア・アフリカの言語文化に携わる研究者がこのネットワークに参加し活用することで個人の研究が進展することと,連携した研究が生まれてくることに貢献しています。さらに,世界からさまざまな方がこのネットワークに参加してくださることを目標にしています。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.